ランクルから乗り換え車種はアルファードでした

スキー人気がなくなったとは言え、我が家では今皆がスキーに夢中になっているのです。

この春、長男が中学2年生、次男が小学5年生になりました。
私と奥さんの出会いは、スキー場でした。
スキーを教えていた私の生徒さんだった奥さんに惚れてしまったのです。

スキーウエアは、女性を綺麗に見せてくれるのです、と奥さんに言うとそれは男性にも言えることと言われてしまいました。
その頃の車は、アルファードのようなワンボックスカーではなく、ランドクルーザーと言うSUVに乗っていたのです。

横に乗せる人も、特別いない時代でしたが、冬の間山に籠ることも多く、このような車が必要でもあったのです。

それが子供も大きくなり、遠出の旅行もするようになると、ランクルよりミニバンと呼ばれるワンボックスカーが便利と思うようになったのです。

若くもなくなって来たので、豪快に冬道を走ることもなくなっていましたし。そんなことから、エスティマにしようかアルファードにしようか悩んだのです。

結果選んだ車種は、アルファードでした。
精悍なスタイルが良かったのです。

このミニバンにしてからは、荷物もたくさん積めるようになり、本当に便利と思うのでした。
それはキャンプ道具を積んでも、4人が楽々乗ることが出来るスペースがあるのです。

またFF車と言いながら、とてもバランスの取れた車と思います。
雪道で「あずる」ことなく走行も出来る良い車と思うのです。

子供たちと一緒に遊べる間には、絶対必要な車と思っています。

役立つ情報はコチラ