塾長が送迎用に買った車種はアルファード

今勤めている会社に転職する前は、地元の塾で講師をしていました。
自分が中学時代から通っていたところで、大学進学と同時にアルバイトをしないかと誘われ、そのまま就職しました。
科目は最初は国語のみでしたが、そのうち英語や社会など文系科目を任されるようになりました。
少子高齢化の折もあり、教室は最盛期で5つあったのですが、最後は二つでした。
地元密着の塾ではありましたが、付近に中学校が5つもあったので範囲は広く、塾生確保とサービスの一環として無料での送迎を始めました。

はじめは理系担当の塾長が自家用のマークツーを出し、先輩社員がインテグラを出し、それでまかなっていましたが、やがて送迎希望者が増えてきました。
地域によっては夕方になると人通りの少ないところもあり、不審者が出没したりすることもありましたし、中学生のお兄ちゃんがいる小学生が通うのに、ちょっと距離があるからなど理由は様々でした。
人数が増えると自家用車では限界があります。
せいぜい乗れて3〜4人です。

だからなのでしょう、塾長は車を買い換えました。
塾長にお子さんが出来たこともあったでしょうが、車種はアルファードです。

音は静かだし、天窓が自動だったり、乗るだけで生徒たちは大喜びでした。
子供なら7〜8人は乗せられる大きさだったので、送迎するのにももってこいでした。
また、社員の送迎用にも車が新調され、リースでのハイエースワゴンでした。
こちらも人数はたくさん乗れるし、自分も運転しましたが、乗りやすかったです。